戦闘!家系ラーメン

f:id:ShimizuUrai:20170912073113j:plain

さて突然ですがみなさん、今日(9/12)は何の日か知っていますか?

 

ぼくは知りません。

 

 


 

というわけで、今回はストーリー攻略で最も苦戦した家系ラーメンとの戦闘を振り返っていこうと思います。

 

 

【戦闘に至るまでの流れ】

※この記事はネタバレを含みます。

 

1.殿堂入り後、JR御茶ノ水駅に行き聖橋口から外に出る。

 

そらをとぶ」等で移動してもいいですが、人通りが多いのでリザードンフライトは控えるのが無難です。

 

2.右に曲がるとすぐそこに「家系ラーメン  魂心家」があります。

f:id:ShimizuUrai:20170912091254j:plain

 

3.店内に入ると戦闘開始!

 

昼間はごく稀に混んでいて入れないこともありますが、そんな時は並んでいる人同士でポケモンバトルでもして待ちましょう。

 

 

【対戦相手について】

この店では醤油・塩のどちらかを対戦相手として選ぶことができます。

 

もちろん他にもメニューはありますが食べたこと無いのでわかりません。

多分ローテーションバトルみたいなものだと思います。

 

 

折角なのでこのお店の魅力を大人気の某海外勢の真似をして語ってみようと思います。

 

At first I have to say the soup is good.

we can swim in it 😏😏😏

 

Then its noodle is very hard and thick so the combination of the soup and this noodle is super effective!

 

You can eat rice as much as you like for free.

 

That's why I recommend this ramen.

haha it's delicious😂

 

 

And after you read this sentence, you will be unhappy if you don't send the same sentences to 5 persons in 3 minutes.

 

英語の偏差値が-5533くらいの英弱なのでこの辺でやめます。

運悪く最後の一文が読めてしまった方は、ぜひ書いてある通りにしてみてくださいね!😉

 

 

【オススメのパーティー】

このお店では、注文時に『麺の硬さ』『味の濃さ』『油の量』をそれぞれ付け加えて頼むことができます。

ぼくは毎回必ず『硬め』『濃いめ』『少なめ』で食べてますね。おいしく食べつつ油を少なくすることで健康面にも(気休め程度ではありますが)配慮した味付けです。

 

さて、いよいよ敵のお出ましです。f:id:ShimizuUrai:20170912211058j:plain

 

嗚呼...見ただけで胃がキツイ...😩

よほど空腹でないと完まく(後述)するのは難しいです。

 


まずは麺と米を中心に食べ進めましょう。

この時はまだ単純に食事を楽しむことができます。

 

1/3ほど食べたら、無料トッピングのにんにくを投入してよくかき混ぜます。

 

この時、さも常連かのようにすました顔で

「にんにく、は↓い↑り↑まーす!」

と叫ぶと店員や他の客から鬱陶しそうな目で見られるのでオススメしません。

 


こうして数分、遂に相手のHPを2/3削ったらラストスパート、唐辛子を使用しホノオZの✝︎レッド・ペッパー・ストライク✝︎で一気に勝負を決めます。

 

「レッド・ペッパー・ストライクゥゥゥゥゥ!!!」

 

シュゥゥゥゥゥゥッッッッ.....ドーーーン!!!!!

 

超!!!エキサイティン!!!!!

 

 

 



 

楽しそうですね。

 

 

ところで、まだ終わったわけではありません。

なにしろこの敵、中太麺なだけあって特性が頑丈なのです。

 

という冗談はさておき、家系ラーメンのお店にはほとんど、「完まく券」なるものが存在します(無いところあったらごめんなさい🙏)。

 

 

☆ちょっと寄り道

【完まくについて】

完まくとは「完全にまくる」が語源で、ラーメンを完食し、かつスープまで飲み干すという意味です。

 

鬼畜さがお分かり頂けたでしょうか。

 

極めて不健康な制度です。典型的なオタクの食事。完まくなんてする奴は人間じゃない。

 

とはいえ、完まく券を持っていると次回のトッピングが1品無料になるうえ、一定枚数集めると店舗によって特典が貰えるのです。

10枚貯めると次回のラーメン1杯が無料、といったものが一般的だとおもいますが、この魂心家はなんと、22枚貯めることでどんぶりが貰えます!!

すごい!これは欲しい!手に入れざるを得ない!

 

善良な高校生である浦井清水くんはこうして家系の闇にハマっていったのでした。

 

以上です。

 

 

 

 

 

 

 



 

ではなく。

実際、ぼくは塾の前後の時間を利用してこの店に頻繁に足を運び、1度どんぶりの入手に成功しています。

f:id:ShimizuUrai:20170912213458j:plain

↑コチラがそのどんぶり。

サイズはかなり大きめ。

 

すこぶる健康に悪いということは承知していますが、そこで止めるのは男じゃない!と言い訳をして未だに通い続けています。

今は2つ目のどんぶり獲得に向けて完まく制覇中です。

f:id:ShimizuUrai:20170912213941j:plain

↑現在の進行度。あと7枚。

 

 

話を戻しましょう。

ということで、ぼくは何としても完まくをしなければならないワケで、そのためにはスープまで完飲することが不可欠なのです。

 

いつも麺大盛り+ライスを頼んでいるため、胃に容量なんて残っていません。

ここまで来たら気力勝負。

必死に胃にスープを流し込み、水を飲んで一息つき、店員に完まくの旨を伝える。

 

むしろオタクにとって最も難しいのは最後の店員に話しかける部分かもしれません。

 

まあ何はともあれ、こうして無事に完まくができたならあなたの勝ちです。

対戦ありがとうございました。

 

 

【後書き】

ここまで長々と書いてしまいましたが、いかがだったでしょうか。

実は、昨日久々に家系ラーメンを食べ、あまりにも味が濃かったために腹の調子がとても悪くなりまして。帰宅してからずっと、レート最終日独特のTLを尻目に1人でウンウン唸ってました。

この記事を書こうと思ったのもそれが理由だったのですが、途中から何故か食レポに変わっていますね。じわる。かなしい。

この記事を読んで、少しでも家系ラーメンに興味を持って頂けたら嬉しいです!(強引なまとめ)

 

それでは(^_^)/~~